ニチレイ宅配弁当について知りたいならこのサイト

休みの前にストック!ニチレイの冷食宅食

クロネコヤマト宅急便の歴史

宅配弁当と簡単にいっても様々な弁当の種類がありますよね。 宅配弁当っていうぐらいだからメニューが少なくて、シンプルな料理ばかりかと思う方が多いと思います。 ニチレイの宅配弁当のメニューについて詳しくお話ししたいと思いますので、読んでみてくださいね。

宅配弁当のメリットとデメリットは?

ニチレイ宅配弁当を利用しようか迷っている方にとって、宅配弁当のメリットとデメリットを良く知った上で利用するかどうか決めたいですよね。 今回は、ニチレイの宅配弁当のメリットとデメリットについて詳しくお話ししたいと思いますので確認しておきましょう。

定期便の種類はこれ

ニチレイの宅配弁当を普段利用しているけど、一回ずつじゃなくて定期的に届けてくれたら良いのにと思っている方も多いのではないでしょうか?ニチレイ宅配弁当の定期購入について詳しくお話したいと思います。 ニチレイ宅配弁当の定期購入をしたいと考えてる方は参考にしてみてくださいね。

種類豊富なメニューを提供するニチレイ

宅急便というシステムができるまでは、郵便局に荷物を持っていかなければなりませんでした。
当時は、現在のように送れる荷物の重さが幅広くなく、6キロまでという制限がありました。
6キロを超えると郵便局では受け付けてもらえないため荷札をつけた状態で国鉄の駅に持ち込まなければならず、とても不便でした。
他に同じビジネスを行っている人がいなかったため、良いビジネスチャンスだと創業者は思いました。
しかし、ビジネスを始めた当初は、荷物の依頼が11個しかなかったそうです。
その状況を改善するために、創業者が宅急便のマニュアルを作り、安くてすぐに集荷に来るというようなコンセプトの元、正式に宅急便というサービスがスタートしました。
ちなみにクロネコヤマトのマークができたきっかけは、当時の広報担当者のお子さんが書いた絵がきっかけでできました。
今現在でもマークが使われている事を考えると、とても長い歴史がある事がわかるかと思います。
宅急便サービスが始まって四年後、宅急便のサービスが田舎に行き届いておらず、主要都市だけでサービスを行っていたため、不満の声相次いでいました。
そのため、主要都市以外でクロネコヤマトはサービスを拡大させようと考えましたが、地元の運送会社の仕事を奪ってしまう可能性があることから、運送業界からの反対もあり、各地域で路線免許の申請が通りませんでした。
様々な困難を乗り越え現在のサービスへと変わっていきました。